「お母さんが先月、病気で亡くなりました。一緒に死にたいです」と、打ち明けてくれたこと

とある高校で、講演をした時のことです。

終わった後、一人の学生さんが話しかけてくれました。

「お母さんが先月、病気で亡くなりました。悲しくて、一緒に死にたいとまで思っています。でも、皆が心配するから、人前では泣けません。この悲しみはいつか亡くなるのでしょうか?」

今日、初めて会ったばかりの私に、打ち合けてくれました。

どれほどの勇気が必要だったことでしょうか。

夫を病気で亡くした私の話を聞いて、頼ってくれたのだと思うと、言葉にできない思いがこみ上げてきました。

そして、こんなことをお話しました。

 

悲しみはなくならないかもしれません。

でも、ずっと悲しくたって、良いと思います。

今は想像できなくても、いつかその悲しみは、耐えられないものではなくなります。

私も、そうだったからです。

 

今はたくさん、思う存分泣いてほしいのです。

悲しい気持ちと、とことん向き合ってほしいのです。

 

あなたにはお母さんの血が流れています。

お母さんの教えてくれたことが、たくさん詰まっています。

あなたの中に、お母さんがいると思います。

悲しい、寂しい、辛い、と感じる自分を、大切にしてあげてほしい。

だって、自分を大切にすることは、お母さんを大切にすることだから。

そんな風に考えると、気持ちは少しずつ、変化していくかもしれません。

 

そう答えると、目の前の学生さんが、ぽろぽろと大きい涙をこぼしました。

「わかりました」と、言ってくれました。

最終的にその学生さんがなにを思ってくれて、少しでも楽になったかはわからないのですが、人前で泣いてくれたその子の涙を、私はずっと忘れません。

岸田 ひろ実Hiromi Kishida

株式会社ミライロ 講師

長女と知的障害のある長男を育てる中、2005年に夫が心筋梗塞により突然死し、2008年に自身も大動脈解離により下半身麻痺となる。2011年より株式会社ミライロに入社し、講師として年間180回以上の講演を行う。2014年世界的に有名なスピーチコンテスト「TEDx」に登壇後、日本経済新聞「結び人」・朝日新聞「ひと」・テレビ朝日「報道ステーション」など数々のメディアで取り上げられる。