障害のある当事者の視点から、平昌パラリンピックのユニバーサルデザイン視察を実施します

平昌2018パラリンピック競技大会の開会式を含む3月9日(火)〜3月11日の期間、現地において、代表取締役社長・垣内俊哉と、講師・岸田ひろ実がユニバーサルデザイン化の視察を行います。主に競技会場・公共交通機関・周辺施設のアクセシビリティとオペレーションを、車いすを利用する当事者の視点から調査します。

本調査結果と、東京2020大会に活かせる点や課題は、調査終了後に東京にて報告会を実施する予定です。なお、岸田ひろ実による視察ならびに報告会は、株式会社JTBとの協働実施となります。

日程 視察ポイント
3月8日 18:00〜国際空港
3月9日 10:00〜オリンピックミュージアム

13:00〜公共交通機関(鉄道・バス・タクシーなど)

20:00〜開会式

3月10日 10:00〜公共交通機関

14:30〜車いすカーリング

19:00〜パラアイスホッケー

3月11日 10:00〜オリンピックプラザ・ジャパンハウス

17:00〜国際空港

■過去の視察関連資料

2016年11月発表「リオパラリンピックにおけるアクセシビリティ調査報告書」
https://www.parasapo.tokyo/extra/files/accessibility_for_the_audience.pdf
発行元)日本財団パラリンピックサポートセンター

2016年11月放送 NHK リオパラリンピックのバリアフリー調査の様子
https://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/3300/234798.html
出演)日本財団パラリンピックサポートセンター 顧問 垣内俊哉