LECTURE・SEMINAR講演・セミナー

ミライロでは、ユニバーサルデザインの分野において、テーマや目的に応じた多種多様な講演・セミナーのプログラムを提供しています。講師は障害のある当事者、豊富な経験のある専門家が務めます。

THEMEテーマの例

障害を価値に変える、
バリアバリューから未来を創る(90分)

障害、弱み、苦手なこと、コンプレックスは誰しもが持っているものです。それらのバリアをバリュー(価値)に変えるミライロの取組みを、講師自身の生い立ちや唯一無二の経験を交えてお伝えします。

ユニバーサルデザインが生む
4,000万人の市場(90分)

移動や生活に不自由を感じている、高齢者、障害者、ベビーカー利用者。これらの人々は、日本全人口の3人に1人であり、大きな市場であるとも言えます。社会性だけではなく、経済性を伴うユニバーサルデザインの考え方と好事例についてお伝えします。

企業に求められる、
障害者差別解消法の理解と対応(60分)

障害、弱み、苦手なこと、コンプレックスは誰しもが持っているものです。それらのバリアをバリュー(価値)に変えるミライロの取組みを、講師自身の生い立ちや唯一無二の経験を交えてお伝えします。

LECTURER所属講師

垣内 俊哉Toshiya Kakiuchi

障害、弱み、苦手なこと、コンプレックスは誰しもが持っているものです。それらのバリアをバリュー(価値)に変えるミライロの取組みを、講師自身の生い立ちや唯一無二の経験を交えてお伝えします。

垣内 俊哉

岸田 ひろ実Hiromi Kishida

日本ユニバーサルマナー協会理事。夫の突然死、知的障害のある長男の出産、病気の後遺症による自らの下半身麻痺などの経験から、人生の困難や障害との向き合い方を伝える。著書「ママ、死にたいなら死んでもいいよ(致知出版社)」

岸田 ひろ実

原口 淳Jun Haraguchi

生まれつき、全盲の視覚障害があり、見えないからこそわかることや伝えられることを講義で伝える。ブラインドサッカーの現役選手としても活動しており、地元・兵庫県のブラインドサッカーチームのキャプテンを務める。

原口 淳

堀川 歩Ayumu Horikawa

心は男性、身体は女性として生まれる。トランスジェンダーの当事者として、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の方々への適切な理解や、企業における配慮などを伝える。

堀川 歩

薄葉 幸恵Yukie Usuba

幼少期に羅患した肺炎の後遺症で、特発性の感音性難聴と診断され、30歳代半ばで聴力を完全に失う。聴覚障害のみならず、外見からはわかりづらい障害、コミュニケーションにおけるバリアの理解へと解消方法を伝える。

薄葉 幸恵

田中 利樹Riki Tanaka

視神経に腫瘍があり、生まれつき右目の視力が全くない。自分が障害者であることを強く意識してこなかったが、周囲から向けられる意識とのギャップに苦しみ、思い込みのバリアを解消するために講義を行う。

田中 利樹

山田 大地Daichi Yamada

2万人に1人の割合で発症する指定難病「軟骨無形成症」のため、130cmの低身長である。社会でまだ認知されていない難病があり、生活や就労に困難を抱える人々が生きやすくなる未来の実現を目指す。

山田 大地

福田 哲也Tetsuya Fukuda

先天性橈尺骨癒合症により、上肢機能障害がある。急性灰白髄炎( ポリオ) により両腕両足に麻痺が残る母、義肢・装具製作者の父のもとで育ち、幼い頃から障害のある近隣住民や医療機関など、さまざまなコミュニティでの交流を通し、多角的な視点を持つ。

福田 哲也