実績詳細

実績詳細

日本財団バリアフリー情報共有アプリ
誰もが行きたい場所に行ける社会をつくるために
日本財団
http://www.nippon-foundation.or.jp/

取り組みの経緯と目的

障害者の外出は、「環境」「意識」「情報」のバリアで阻まれてしまいます。誰もが行きたい場所に行ける社会づくりのために、「情報」のバリアを解消したいという弊社の想いにご賛同いただきました。バリアフリー情報を共有するアプリ「Bmaps(ビーマップ)」にかかるプロジェクト資金を拠出してくださいました。

取り組み内容と結果

リリース後の記者会見をはじめ、アプリを活用した街歩きイベント「ブレーメンの調査隊」などを実施いたしました。また、日本のみならずエクアドルをはじめとした海外でも、情報のバリアを解決するアプリとして活用されており、国内外のメディアで取り上げていただきました。

このサービスの詳細

アプリケーション

このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら