実績詳細

実績詳細

日本財団パラリンピックサポートセンター施設コンサルティング
障害のある選手・職員も快適に仕事ができる ユニバーサルデザインなオフィスの実現
日本財団パラリンピックサポートセンター
https://www.parasapo.tokyo/

取り組みの経緯と目的

国内には現在、組織基盤や事務局運営に課題を抱えている競技団体や、より良い練習環境を求める選手たちの声が少なくありません。新設する同センターでは、競技団体の基盤強化のほかパラリンピックの周知啓発、大会のボランティアリーダー育成等の事業が行われます。 それに伴い、障害のある選手や職員など、誰もが利用しやすく快適に仕事ができるオフィスの実現に至りました。

取り組み内容と結果

障害のある当事者の視点・ユニバーサルデザインの知見を生かし、オフィスの設計アドバイスを行いました。2016年11月10日に開催された開所式では、SMAP・ご来賓の皆さま・記者の皆さまを迎え、コンサルタントが設備のご案内をさせていただきました。

このサービスの詳細
このサービスに関するお問い合わせ

お問い合わせはこちら