【少人数制セミナー】聴覚障害がある方の「情報バリア」を解消するには? ~今、企業・自治体に求められていること~

障害の中でも、外見上わかりにくく、適切なサポートを受けづらいのが「聴覚障害」です。
耳の聞こえない・聞こえづらい方、話すことが困難な方は、音声情報が取得できない時、音声のみのコミュニケーションしかできない時、社会や環境に大きなバリアを感じています。

たとえば、以下のようなバリアです。
・お店に行った際、店員さんと上手くコミュニケーションが取れず、必要な情報が得られない
・採用面接や評価面談の際、情報保障への配慮がなく評価に反映されにくい
・お問い合わせをする際、リアルタイムで回答が得られる手話通訳や文字通訳を希望したいが、設置されていないため、実際はメールでの問い合わせになってしまう

「ミライロ・コネクト」では、このような情報バリアを解決するため、
手話リレーサービス・遠隔手話通訳サービス、手話通訳派遣サービス、ユニバーサルコミュニケーション研修等の事業を開始、ソリューションを提供しています。

手話リレーサービス・遠隔手話通訳サービス

聞こえない方から企業コールセンターへのお問い合わせや窓口でのやり取りを、手話通訳します。

ユニバーサルコミュニケーション研修

聴覚障害のある方とのコミュニケーション方法を、当事者講師がお伝えします。

平成28年4月には、「障害者差別解消法(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律)」が施行され、行政・教育機関・企業などの事業者には、障害の状況を考慮して、必要な調整や工夫を行う「合理的配慮」を提供することが求められています。

聴覚障害のある方がサービスを受けられる際の準備はできていますか?

 

本セミナーでは、聴覚障害のある講師・薄葉が、聴覚障害のある方が感じている社会のバリアや求めている配慮、「ミライロ・コネクト」が提供するサービスについて、丁寧に解説します。あわせて「障害者差別解消法」や「手話言語条例」の施行により、行政や企業に求められる対応についてもお話しします。

聴覚障害のある方の情報やコミュ二ケーションのバリアを解決するために何が必要か、自分や組織に何ができるのかについて、一緒に考えてみませんか?ぜひお気軽にご参加ください!

 

セミナー参加者の声
・合理的配慮の必要性を理解できた。
・聴覚障害のある講師がご自身の経験もふまえて話してくれたので理解しやすかった。
・少人数なので、具体的な話も聞きやすい雰囲気だった。
・本人が望む情報手段に合わせることが大切だと理解できた。

※東京で2月から継続的に実施している本セミナーですが、今秋、地域を広げ、大阪での開催も決定しました。関西地方にお住いの皆様、ぜひご参加ください。

 

セミナー概要

▼日時
【東京】
10月23日(火)16:00~17:30
11月22日(木)16:00~17:30
12月18日(火)16:00~17:30

【大阪】
10月15日(月)16:00~17:30
11月16日(金)17:00~18:30
申し込みフォーム:https://goo.gl/41iWnV

▼開催場所
【東京】
株式会社ミライロ 東京支社(東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿maxim 11F)

【大阪】
株式会社ミライロ 大阪本社(大阪府大阪市淀川区西中島3-8-15 新大阪松島ビル 8F)

▼参加費
無料

▼セミナー内容
・聴覚障害者をめぐる社会の動き
・聴覚障害者が困っていること
・ミライロ・コネクトの紹介
・スタッフとのフリートーク
※企業・自治体のご担当者様を対象としています。

▼講師紹介
薄葉 幸恵

幼少期の肺炎の後遺症から特発性の感音性難聴と診断され、少しずつ聴力が低下し 30 代半ばで聴力を完全に失う。自らの障害に向き合い、「目に見えづらい障害」に対する理解の普及を行う。

 

▼お問い合わせ
03-6712-6312(株式会社ミライロ東京オフィス 担当:高内)