ユニバーサルマナー(ゆにばーさるまなー)

ユニバーサルマナーとは、多様な方々に向き合うためのマインドとアクションのことを指す造語です。

高齢者や障害者、ベビーカー利用者、外国人など、多様な方々を街で見かけるようになった現代“自分とは違う誰かの視点に立ち、行動すること”は、介護や福祉などの特別な知識ではなく、誰もが身につけておきたい「こころづかい」の一つです。

一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会が提唱し、同協会ではユニバーサルマナーを習得するための検定「ユニバーサルマナー検定」を運営しています。

関連記事はありません。