品川女子学院

校長 漆 紫穂子

多様性が広がる時代に生きる品川女子学院の生徒たちには、人との違いを大切にし、互いを活かし合える人に育ってほしいと願っています。垣内さんの「バリア・バリュー」という考え方に感銘を受け、生徒たちに是非伝えたいと、毎年、新入生がユニバーサルマナーの講習を受けるプログラムを組みました。

東京オリンピックが開催される2020年には全校生徒がこのマナーを身につけて街を歩くことになります。垣内さんの講義を熱心に聞き、「これまで思っていても行動に移せなかった。こんなときにはどうやって声をかけたらいいですか?」と質問をする生徒、バリアフリーマップのアプリ作りに自主的に参加する生徒たち。そんな姿に明るい未来を感じています。

これからも子どもたちと一緒に、垣内さんの夢を応援したいと思います。