代表・垣内が龍谷大学 客員教授に任命されました

新元号発表!という記念すべき日に、「龍谷大学 客員教授」の任を拝命しました。

ミライロを形づくる原点となった製品が生まれたのは、平成22年のことです。
車いすでアクセスできる経路を示した、バリアフリーマップです。
当時、障害のある学生の大学進学率は、今ほど高くありませんでした。
数々の大学に提案しては断られてきたバリアフリーマップのアイデアを、「いいね、いいね!どんどん儲けよう!」と励ましてくださったのが、龍谷大学 社会学部の村井龍治教授でした。

村井教授の後押しで、龍谷大学のWEBサイトに、僕らが作ったバリアフリーマップが掲載された時は、感動で震えました。
その後、バリアフリーマップは関西、関東の大学で次々と発注いただき、今ではBmapsというアプリケーションにまで進化しました。

「社会貢献だけではなく、儲けよう」という村井教授の言葉が当時の僕たちにとって、どれほど嬉しく、心強かったか。
今度は僕が、村井教授のように、学生の皆さんへ伝えていきます。

令和の時代を生きる、龍谷大学の皆さん。
キャンパスでお会いできることを、心から楽しみにしていきます!

2019.4.1 垣内 俊哉