オンラインワークショップ「靴下の廃材で編み物を作ってみよう」

靴下を製造する際、つま先を縫うと出てくるハギレの輪っかがあることを皆さんご存じでしょうか。今まではただ廃棄するものでしたが、廃棄をすることで環境にも負荷がかかります。SDGsの観点から、廃材を使ってオリジナル作品を作るワークショップを靴下メーカーの株式会社ナイガイと一緒に開催致します。

イベント情報

日時
2021年9月25日(土)

①13:30 〜 14:30

②15:30 〜 16:30

場所
オンライン(ZOOM利用)
参加費
無料(お申込み締め切りいたしました)
定員
各回6名※親子で参加なども可能です
備考

輪っか状の廃材を使い手編みで編んでいきます。小学生などお子様でもとても簡単に編めますが、ご不安のある方はご相談ください。
※オンライン(zoom配信)にて編み方をお伝えします。
※ワークショップで使用する編み物(ハギレの輪っか)はお申込みのご住所へ開催日までにご郵送いたします。

イベント詳細

靴下にはいろいろな色があるように・・・ハギレの輪っかもいろいろな色が存在します。
輪っかの中から好きな色を選んだら、手指で編んでいきます。編み方はとても簡単。道具も不要です。自分だけのオリジナルのハンドメイド作品を楽しみながらつくってみませんか?

 

編み物完成イメージ

 

【オンラインワークショップについて】

お申込みいただきましたご住所へ、ワークショップ前日までにワークショップで使用する編み物キット(ハギレの輪っか)をお送りいたします。
お申込みいただきましたメールアドレスへ、ZOOMのURLをお送りいたしますので、ワークショップはオンラインにてご参加下さい。(カメラやマイクをオンにできる環境でご参加ください)

↓ワークショップ編み物の様子(参考)

 

 

【ご参加いただいた方へのプレゼント】

ワークショップにご参加いただいた方には、株式会社ナイガイのオリジナルソックス「みんなのくつした」の「ゴムのないくつした」を一足プレゼントいたします!サイズは22㎝~24㎝、24㎝~26㎝の2種類ございますので、お申込み時にご希望のサイズをご選択ください。


みんのくつした
https://www.naigai.co.jp/contents/hp0126/index06670000.html         

       みんなのくつしたイメージ画像

ご協力企業のご紹介

株式会社ナイガイ

ナイガイは2020年創業100周年を迎えた靴下を中心とする会社です。1920年第一次世界大戦明けの当時、洋装化していく流れの中で、世界に誇れる靴下を作ることを目指して名古屋で創業しました。国内でも世界でも・・・という想いを込めて、ナイガイ(内外)との社名となりました。“見てよし”“触ってよし”“履いてよし”をモットーに、お客様のご期待に添えるくつしたづくりを目指してきました。
第2の心臓とも呼ばれる重要な働きを持つ足・・・。心臓が全身に血液を運ぶ役割を持つのに対して、足は心臓に血液を戻すポンプのような役割をしています。その重要な足への意識を高め、もっともっと「くつした」への思いをお持ちいただけるよう、新しい商品づくりを進めていきたいと考えております。いろんな方々の、いろんなご要望に、いつでも、お応えできるくつしたを求めて、皆様からのご意見やご感想などをお待ちしております。