Works
3つの事業軸
高齢者や障害者などの多様な方を対象としたユニバーサルデザインの取り組みは、企業・自治体・教育機関における、さまざまな課題解決や企業価値の向上に繋がります。ミライロでは、「環境」「意識」「情報」の3つのバリアを解消するために、6つの事業部がそれぞれのソリューションを提供しています。またこれらの事業は全て、社会性と経済性を両立させることを目指しています。

バリアを解決する3つの軸から

6つのソリューションを展開

UD(ユニバーサルデザイン)を礎に
社会性と経済性を両立した価値を提供

6つのソリューション

ユニバーサルマナー

自分とは違う視点に立ち、行動するための研修

自分とは違う視点に立ち、行動するための研修
高齢者・障害者・ベビーカー利用者・LGBT・外国人など、多様な方々を街で見かける現代。一人ひとりに向き合い、適切な理解のもと行動することは、もはや特別な技術ではありません。ハートを変えるためのマインドとアクションを身につける「ユニバーサルマナー」の研修や講師派遣を行っています。

ミライロ・リサーチ

あなたの声が、未来をつくる

障害のある当事者モニターを活用し、製品やサービスをより良くするため調査やフィードバックを行います。WEBアンケート、覆面調査、行動観察調査、インタビュー調査などを駆使し、課題の発見から解決方法の提示までフォローします。

アーキテクチャー

すべての人が快適で安心な空間を創造する

身体特性の違いに関わらず、誰もが安心して、心地よく過ごせる空間づくりをプロデュースします。ワークプレイス、商業施設、公共施設、学校などあらゆるシーンに応じてユニバーサルデザインの知見とエビデンスを活用し、プロデュースします。

  • 施設改善に向けた調査
  • 設計・改修時の監修

クリエイティブ

美しく、わかりやすい情報をデザイン

受けてに意思が伝わりやすい印刷物やサイン標示は「読みやすさ」「見やすさ」「美しさ」などさまざまな要素が関係しています。情報を精査し、色覚異常や白内障の方に配慮されたカラーリングやフォントなどを活用することで、環境や状況に応じたデザインを制作します

  • 報媒体(マニュアル・ガイドブックなど)の制作
  • 案内サイン・マップの制作
  • 案内サイン・バリアフリーマップの制作

ミライロ・コネクト

コミュニケーションのバリアを解消する

聴覚言語障害により、聞こえづらさや話づらさを感じている方のために、コミュニケーションのバリアを解消します。お店や病院などの窓口で発生する、音声アナウンスによる情報取得など、さまざまなシーンで専任スタッフがサポートを行います。

Bmaps

私の行けたが、明日の誰かの地図になる

Bmaps(ビーマップ)は、車いすやベビーカーユーザーなど、移動に不安を感じている方々が求めるバリアフリー情報を共有するアプリケーションです。企画開発、企業・自治体に向けたデータ提供、アプリケーションを活用したイベントなどを展開しています。

  • Bmaps
  • ブレーメンの調査隊