TOP MESSAGEトップメッセージ

手話で見る

生まれつき骨が弱く折れやすい病気のため、
私は幼少期から車いすに乗って過ごしました。
かつて少年だった私の夢は「歩くこと」でした。

足で歩くことができないと知った日、私は絶望しました。
それから、多くの人の支えを受け「歩けなくてもできること」を探し、
その道を進む中で「歩けないからできること」を見つけました。

車いすに乗っている私の目線の高さは106cmです。
この高さだからこそ、気づけること、伝えられることがあります。

人には誰しも、弱みやコンプレックスがあります。
ネガティブに見えることも、視点を変えればそれらは強みに、
そして、価値へと変えていけます。

日本は他国に類を見ない速度で高齢化が進んでいます。
高齢化先進国の日本だからこそ、ユニバーサルデザインにおいても先進国にしたいと私たちは考えています。

建物や製品、サービス、コミュニケーション、情報のあり方など
日常にはありとあらゆるものが存在しています。
それらを全ての人にとって便利で快適に、世界がお手本にしたくなるようなものへと変えていくことが弊社の使命です。

障害を価値に変え、私たちは社会を、世界を、革新していきます。

株式会社ミライロ 垣内俊哉

PROFILEプロフィール

経歴

2009年
民野剛郎とValue Added Networkを創業
2010年
株式会社ミライロを設立
2012年
立命館大学 経営学部 経営学科 卒業
2013年
一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会代表理事
2015年
日本財団パラリンピックサポートセンター 顧問 就任
2016年
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
アドバイザー 就任

受賞歴

  • 全日本学生児童発明くふう展 特許庁長官賞 受賞
  • The 2nd International Exhibition for Young Inventors 出展
  • キャンパス・ベンチャー・グランプリ大阪 ビジネス大賞 受賞
  • キャンパス・ベンチャー・グランプリ全国 審査委員会特別賞 受賞
  • 大阪市 CB・CSOアワード2011 グランプリ 受賞
  • 日本青年会議所 近畿地区人間力大賞 グランプリ 受賞
  • ニッポン放送 みんなの夢AWARD3 グランプリ 受賞
  • 日経ビジネス THE 100 日本の主役 選出
  • 経済産業省 ダイバーシティ経営企業100選 選出
  • 国際パフォーマンス学会 ベストパフォーマー賞 受賞
書籍のお知らせ バリアバリュー 障害を価値に変える 著・垣内俊哉 垣内のライフストーリー、株式会社ミライロの創業から現在までの軌跡を集約した自叙伝。4,000万人の市場に挑む、ユニバーサルデザインの反転戦略とは? 新潮社

LIFE STORYライフストーリー

ライフストーリー 誕生〜小学校

魔法にかけられて

写真、幼少時代
1989年4月14日、愛知県安城市に生まれました。
その後、父の生まれ故郷である岐阜県中津川市に移り、幼少期を過ごしました。生後1ヶ月の検診時、医師に足を診てもらうと、急に私は泣き始め、家に帰っても泣き続けたそうです。その後、何件か病院を回って、ようやく「骨形成不全症」という魔法にかけられていることが判明しました。骨形成不全症とは、簡単に説明すると骨が弱く折れやすいという病気です。
私が、初めて歩いたのは3歳になった頃でした。初めて歩いた日、母親はうれしくて涙が止まらなかったといいます。

あるきたい いつかみんなと はしりたい

これは、私が幼稚園に入って書いた詩です。幼稚園の卒園アルバムを見ると、サッカーをしたり、運動会で走ったり、活発に動きまわっている私の姿が写っています。「あれもやりたい、これもやりたい、できることは全部やる!」そんな思いに満ち溢れていた幼少期でした。

2歳8ヶ月、初めてのつかまり立ち

2歳8ヶ月、初めてのつかまり立ち

骨折という悪魔

小学校は、楽しいイベントが目白押しで、毎日が本当に楽しかったことを覚えています。しかしながら、運動会、クラス合宿、マラソン大会、なにか楽しみにしている行事の前になると、私は決まって骨折して、手術や入院を繰り返し、涙を飲んでいました。「ケガ→入院→手術」を繰り返し、私はケガをするのが怖くなり、歩くことを敬遠し、車椅子に乗る機会が増えてきました。
そんな中でも、小学校最後の運動会のことは今でも強く記憶に残っています。私の通った小学校では、上級生が北海道の民謡であるソーラン節を踊るのが定番で、私は太鼓を叩くことになっていました。しかし、運動会直前にまた足を骨折。それでも諦めきれなかった私は、ギプスという包帯を巻きながら、「ケガなんかに負けない!」と力強く太鼓を叩きました。

小学生3年生、泥だらけの運動会

小学生3年生、泥だらけの運動会

中学校~高校

新たな自分を発見した日

小学校を卒業して、私は小学校に隣接する市立中学校に入学しました。この頃、私はケガが重なったことで、筋力が著しく低下しており、いよいよ車椅子に頼り切りの生活になっていました。
中学校に入って数ヶ月、私の人生の岐路ともいえる事件が起きました。ある日、私と友達が掃除をサボって遊んでいることがクラスの問題になりました。しかし、「とし君は障害者だから、給食の当番や、そうじはできなくて仕方ない」と、私は障害を持っていることを理由にサボったことが免罪となったのです。クラスメイトに「障害者」と呼ばれ、私は初めて自分が障害者であることを意識しました。私の中学は小学校からエスカレータ方式で、全員が顔なじみでした。でも、この日を境に健常者と障害者という大きな壁が教室の中にあるような切迫感が生まれたのでした。

中学1年生、クラスの文集にて

中学1年生、クラスの文集にて

涙の後はやっぱり歩きたい

それでも、中学校は、小学校と比べるとさらに毎日が充実していました。天気がよくても悪くても車椅子で通学し、部活動は野球部に入ったりと、できることを自分なりに楽しんでいました。
中学3年生になると、修学旅行が目前となり、私は人一倍ワクワクしていました。旅行先は、1日目は広島の市内観光、2日目はある離島でマリンスポーツをするという日程。しかし、バリアフリーとは縁遠い離島での生活は、私にとって困難なものでした。結局、2日目の朝、私はホテルの出口からみんなのバスを見送りました。帽子を目深に被り、溢れる涙を必死で隠し、みんなに手を振ったことを今でも鮮明に覚えています。
「絶対に歩けるようになろう。」と自分に誓い、私はひとりで帰路に就きました。

中学3年生、野球部の県大会

中学3年生、野球部の県大会

自分を否定した日々

中学を卒業して、私は市内の公立高校に入学しました。 私の高校は、4階建で授業の移動が頻繁にありました。それに加え、自分のクラスの教室が2階にあって、毎日階段の昇り降りが必要でした。その都度、車椅子 を誰かに運んでもらう必要があって、それを誰かに頼むことで「めんどくさいと思われるのではないか」と抵抗を持っていました。小・中学校と9年間も一緒にいた友達と離れたことで、高校は私にとって、とても居心地の悪いものだったのです。
常に誰かの顔色を伺い、誰かの手を借りなければいけない生活に嫌気がさし、歩けない自分が、車椅子に乗っている自分がとても弱く惨めな人間に見えていたのです。

闘病~大学受験

1年目で高校を休学

自己嫌悪の毎日に疲れ、高校に入って半年たらずで、私は高校を休学する決意を固めていました。「歩けるようになれば、この現状を変えられる」と信じ、治療やリハビリに時間を使おうと考えたのです。今考えれば、中学校から募り募っていた「歩きたい」という思いが爆発したのだと思います。
歩くためにはどうしたらいいのかを考え、専門医の診察を受けたり、リハビリ施設を調べることに半年くらいの時間を使いました。そして、退学に猛反対する親や先生と何度も話し合い、1年生を終えた時点で高校を休学し、大阪で専門医の治療を受けることに決めました。

16歳から書き続けた日記

16歳から書き続けた日記

単身大阪へ

高校の1年間を終え、大阪で闘病生活が始まりました。手術は無事終わったものの、その後の経過は決して望ましいものではなく、身動きの取れない寝たきりの 生活が始まりました。そんな生活の中で自分自信と向き合い、弱さと向かう強さを知って、「将来はもっとでっかい男になろう。誰にもできないでっかいことをしよう。」と、漠然とした大きな夢を胸に抱くようになりました。
3ヶ月に及ぶ寝たきりの生活を終えた後、歩くという目標に近づくため、朝から晩までリハビリの生活を送りました。2007年1月、私は10ヶ月に及ぶ闘病生活を終え、故郷の中津川に戻りました。
この闘病生活で、結局、私は歩けるようになったわけではありません。しかし、この10ヶ月は、本当に実りある時間であったと思っています。自分で決断して、行動して、善し悪しは別としてひとつの結果を残したのですから。

病院でのリハビリ風景

病院でのリハビリ風景

偏差値33からの一発逆転

高校を休学して2ヶ月、高校のきまりである欠席日数を超過したことにより留年が決まり、友達と一緒に高校を卒業できないことになりました。私は、現役進学 にこだわり、いよいよ高校を退学しました。高校卒業と同等と認められる高卒認定(旧大検)という資格を取得し、大学進学を目指したのです。闘病生活の時に 漠然と描いた「起業」という目標に近づくため、大学ではITか経営を学ぼうと決め、偏差値33からの逆転を目指しました。
毎日、自宅から電車で1時間程の名古屋にある予備校に通い、1年間の猛勉強の末、遂に運命の入試シーズンを迎えました。ところが、入試2週間前に車椅子で 転倒し、足の骨を折って入院するという悲劇に見舞われることに…「なんとかなる!」という合言葉を胸に、試験の日には、病院から救急車のような車で試験会場に向い、試験本番は寝たきりで解答用紙と向き合いました(笑)。

みんなで勝ち得た結果

最悪のコンディションで挑んだ大学受験は、奇跡的に実を結び、私は立命館大学の経営学部に合格しました。病室で合格通知を確認したときは、喜びのあまりナースコールを押して、病棟の看護師さんたちを呼び寄せていました。病棟全体がお祝いムードになって、みんなに祝福してもらったことを、私は一生忘れないでしょう。
毎日毎日、電話で勉強を教えてくれた予備校の先生がいました。メールや電話で応援し続けてくれた地元の友達がいました。勉強しやすいようにと専用の机を 作ってくれたり、スポットライトを買ってきてくれたり、看護を通り越したサポートをしてくれた看護師さんたちがいました。そして、なによりも家族の力が一番大きな支えとなりました。

高校を中退して、確証のない不安な日々を過ごしましたが、周りのみんなの力のおかげで一つの結果を勝ち得ることができたのです。

看護師さんたちからもらった寄せ書き

看護師さんたちからもらった寄せ書き

大学~ミライロ誕生

ビジネスを志し

大学では、経営学部の中のアントレプレナー(起業家育成)コースで学ぶことにしました。自由に選べる大学の講義や初めての一人暮らしは、楽しくて仕方ありませんでした。大学入学から1ヶ月後、座っているだけの勉強では経営者にはなれないと考え、某ITベンチャー企業に「修行がしたい!」と飛び込んで、人生 初の仕事をさせてもらいました。中学生の頃、アフィリエイトと呼ばれる成功報酬型広告が個人でも流行していて、私は中学から高校までいくつかのホームページやブログを制作していました。結局、アフィリエイトでは、月に2,3万円の収入にしかなりませんでしたが、この頃の経験が生きて、この企業ではホーム ページ制作のお仕事をやらせてもらいました。その1年後、別の企業でもインターンをさせてもらい、主に営業の仕事を経験しました。また仕事に対する考え方 から自分との向き合い方など、多くのことを学びました。

初めての仕事、初めてのマイデスク

初めての仕事、初めてのマイデスク

アイディアをビジネスに

昨年の5月、大学で知り合った民野剛郎と「大きなことをしよう!」と、2人でビジネスアイディアを持ち寄り、ミライロの前身となるValue Added Networkという団体を立ち上げました。毎日毎日、あーでもない、こーでもないと夜遅くまでビジネスアイディアを考え、そして、それらを実行してきま したが、どれも目先の利益にとらわれたもので、長続きはしませんでした。
そして、立命館大学でバリアフリーマップ制作に携わった経験を生かし、これらの取り組みを全国の大学に広めるべく、マップ制作やバリアフリーに関する情報 発信に関する事業を考案しました。これらが多くのビジネスコンテストで評価され、多くの方々の前でお話させて頂く機会が増えたことで、より多くの方々に障害者やお年寄りがなにに困っていて、なにを求めているのかを理解して頂く機会に繋がりました。また、私たちのビジョンに賛同し、私たちを応援してくれる方や事業に協力して頂ける方も増えていきました。これらの経験から事業を考え実行する難しさを知り、そして、それ以上に多くの方々に支えられていることを実感しました。

CVG大阪の授賞式にて

CVG大阪の授賞式にて

時間の大切さに気づく

VANの活動が充実してきたある日、あることがきっかけで、自分に残された時間、自分になにができるかを自問することがありました。そして、自分のためだけに自分の時間を使うのではなく、誰かのためにも自分の時間を使おうという考えにたどり着きました。そのためにも、私にできることを世界に広げ、それを通して社会に貢献していこうと、株式会社ミライロの設立を決めました。

新たな決意を胸に

新たな決意を胸に

Based on our corporate philosophy, “Barrier Value”, we transform barriers (disabilities) into value. As a child, I dreamed of walking, however, I was unable to realize that dream. I then began exploring what I could do, even if I could not walk. Over the course of that process, I found what I could do precisely because I could not walk and because I used a wheelchair.
We all have personal difficulties and areas we struggle with. We have all faced adversity in the past and developed complex feelings. While these may appear negative at first blush, they can be transformed into value. The differing viewpoints, experiences and sensibilities that we all have can turn into value and strength. Japan’s population is aging at a rate unseen in other countries. As Japan finds itself in a position to tackle challenges which other countries will also be facing one day, we should reinterpret these barriers as newfound value.
Just as craftsmanship is a prideworthy art of Japan, universal design can become a model that Japan plays a leading role in its promotion in the world. Facilities, products or service that are developed based on universal design are accessible, usable and convenient for all people regardless of nationality, age, gender or ability. We are designing the future of Japan and the world through universal design, based on our corporate philosophy, “Barrier Value”.

President and CEO: Toshiya Kakiuchi

PROFILE

Career

2009
Founded Value Added Network with Takero Tamino
2010
Established Mirairo, Inc.
2012
Bachelor’s degree in business administration, Ritsumeikan University
2013
Director of the Japan Universal Manners Association
2015
Advisor to the Nippon Foundation Paralympic Support Center
2016
Advisor to the Tokyo Olympic and Paralympic Games organizing committee

Awards

  • Gifu Prefecture Invention and Creation Exhibit, award from director of Chubu Bureau of Economy, Trade, and Industry
  • 63rd All-Japan Children’s Invention and Creation Exhibit, Japan Patent Office Director’s Award
  • Exhibited at the 2nd International Exhibition for Young Inventors
  • 11th Campus Venture Grand Prix Osaka, Business Award
  • 11th Campus Venture Grand Prix Osaka, business award
  • Osaka CB/CSO Award 2011, Grand Prize
  • Kyoto Venture Club, Kyoto Club Award
  • Japan Chuo Venture Region, Japan Chuo Region Award
  • Soroptimist International of the Americas Federation Award, 2nd Place
  • Kinki Region Humanity Award, Grand Prize
  • Everyone’s Dream Award 3, Grand Prize

LIFE STORY

Life Story: Birth to Elementary School

Enchanted

Pictured in early childhood
I was born on April 14, 1989 in Anjo, Aichi Prefecture.
We then moved to Nakatsugawa in Gifu Prefecture, where my father is from, and I spent my youth there. At a one-month checkup, the doctors examined my legs. I began crying and continued crying after we returned home. We visited several hospitals and learned that I was enchanted with a disease called osteogenesis, which means, simply speaking, my bones are frail and prone to breaking.
I had turned three years old by the time I walked for the first time. On the first day I walked, my mother was beside herself and could not stop crying.

I want to walk
I want to run with everyone

One day
This is a poem I wrote when I entered kindergarten. In my kindergarten yearbook, there are photos of me playing soccer, running about on a sports day and actively moving about. In those days, I was overflowing with enthusiasm to do everything I could do.

Standing up for the first time at 32 months old

Standing up for the first time at 32 months old

Plagued by Fractures

Elementary school was full of fun events, and I remember just how enjoyable every day was. However, every time there was something I was looking forward to, like an athletic meet, a class sleepover trip, or a marathon, I would get a fracture and had to go to the hospital for surgery. I was fighting back tears each time. It was a cycle of injury, hospitalization, and surgery. I began to fear getting hurt and avoided walking, increasingly using a wheelchair.
I can still vividly remember the last athletic meet of elementary school. At my elementary school, this event always involved dancing the soran, a folk dance of Hokkaido. My job was to beat the drums. Yet I sustained another fracture right before the meet. I wrapped my leg in a cast and resolved not to give up, beating the drums and saying I would not let injury get the better of me.

Muddy elementary school sports

Muddy elementary school sports

Middle School to High school

Discovering a new self

After graduating from elementary school, I enrolled at a public middle school adjacent to my elementary school. I had sustained several injuries by this time, so my muscles had degraded, and I now had to depend on a wheelchair.
A few months after entering middle school, an incident occurred that would change my life. One day, a friend and I were playing hooky from our cleaning duties at school and went out to play. This turned into a big scandal in the class. However, I was exempted from penalties; the teachers said, “Toshi, since you’re disabled, you don’t have to serve the lunches and clean up. We understand.” My classmates began to call me disabled, and for the first time in my life, I suddenly began to think of myself this way. I knew all the students at the middle school, since we came from the same elementary school, however, since this incident, I felt as if there was a wall dividing the “healthy” and the “disabled” students.

Freshman year of middle school (from class anthology)

Freshman year of middle school
(from class anthology)

After tears, a renewed desired to walk

All the same, middle school was even more fulfilling than elementary school. Rain or shine, I went to school in a wheelchair. I even joined the baseball club for my extracurriculars. I availed myself of whatever I wanted to do.
When I became a ninth grader, it was time for the annual class trip. I was even more excited than anyone else in class. For the first day, we were slated to tour Hiroshima, and on the second would take part in marine sports on an island off the coast. Life on that remote island was a far cry from the accessible environments offered in the city, though, so it proved a challenge for me. In the end, I was able to get as far as the hotel entrance, where I saw everyone off as they boarded the bus to go to the island. I still vividly remember waving back at everyone, covering my brow in my hat and frantically concealing my tears.
I promised myself I would learn to walk. So saying, I headed home.

Junior year of middle school, at the prefectural baseball meet

Junior year of middle school,
at the prefectural baseball meet

Rejecting Myself々

After graduation from middle school, I entered a public high school. The school had four stories and involved frequently going back and forth between levels. In addition, my classroom was on the second floor, so I had to go up and down daily. This required someone to carry my wheelchair each time, but I always felt hesitant, wondering if they would find it a drag. At this new school, I was no longer with the friends I had had for nine years, so I felt out of place.
I grew tired of always having to read the mood and rely on others. I felt weak and pitiful in my wheelchair.

Fighting Illness and Entering University

Taking leave from High School

I was wracked with self-loathing every day. Within just six months of entering high school, I had resolved to take a leave of absence. I believed that I could change my circumstances if I learned to walk, so I wanted to devote my time to rehabilitation. It was as if the latent desire I had had to walk in middle school had finally exploded into action.
I thought to myself about what I would have to do to be able to walk. I obtained diagnoses from medical experts and spent about six months researching rehabilitation facilities. My parents and teachers were fiercely against my taking leave, so I discussed with them at length. I waited until I had finished my freshman year before taking leave and undergoing treatment at a facility in Osaka.

A diary penned since age 16

A diary penned since age 16

Moving Alone to Osaka

With freshman year under my belt, it was time to battle my illness in Osaka. The surgery succeeded without incident, but the process thereafter was by no means ideal. I now faced a long bedridden period where I could hardly move. I learned anew the strength to face my own weaknesses. I began dreaming big and telling myself I would become someone important, someone stronger. I would do things no one else could.

After three months in bed, I spent night and day in rehabilitation, seeking to learn to walk. In January of 2007, after battling my illness for ten months, I returned to my hometown of Nakatsugawa.
In the end, I did not become able to walk. However, these ten months were truly fulfilling. I decided to do something for myself, took the initiative and reached an outcome, whether or not it was for the better or worse.

Rehabilitation at the hospital

Rehabilitation at the hospital

Turning Point

Two months after taking leave from high school, I had exceeded the allowable number of absences, so I was held back a year. This meant I would be unable to graduate on time with my peers. But I wanted to proceed to university on time like everyone else, so I dropped out of high school. I obtained a GED and began studying for college. I had had a vague dream about launching a business when I was battling my illness back in the day, so I decided I would study IT or management at university. It was a rapid about-face.
I traveled by train for one hour each day from home to a prep school in Nagoya. I swotted for a year, and it was finally time for exams. However, two weeks before exams, disaster struck: I fell over in my wheelchair, sustained a fracture and had to be hospitalized. But I was committed to making it happen, so I headed to the test center in what resembled an ambulance and filled out the answer sheet while lying down.

Shared Success

I sat the university entrance exams in perhaps my worst condition, but by some miracle, I passed, and I entered the college of business administration at Ritsumeikan University. When I got my acceptance letter in the hospital, I was so elated that I called the nurses to my bed and announced the news. Everyone in the ward was in high spirits, and they all congratulated me. I can never forget that.
There was my prep school teacher, who helped me through my lessons on the phone each day. There were my local friends, who encouraged me over the phone and by e-mail. There were the nurses, who built special desks for me to study at, bought me spotlights to clip on, and cared for me. And more than anything else was the support from my family.
While I had dropped out of high school and spent uncertain days, thanks to the support of those around me, I was able to reach a satisfactory outcome.

A group message from the nurses

A group message from the nurses

Creation of Mirairo

Zeal for business

At university, I elected to enroll in the entrepreneurship course at the college of business administration. Being able to select electives in college and living alone for the first time was extremely fun. A month after I had started college, I realized that I would never become a business manager just sitting still, so I dove into the offices of a certain IT startup and told them I wanted to study there. They gave me my first job. When I was in middle school, affiliate-based advertising revenue was a big thing, and I had produced a range of web sites and blogs through middle school and elementary school. My affiliate earnings were a merely 20,000-30,000 JPY a month, but I was able to draw on this experience to design web sites at the startup. A year later, I gained an internship at another firm and worked in sales. I learned quite a bit, both about how to approach work and how to face myself.

My first job, and my first desk

My first job, and my first desk

Turning Ideas into Business

I linked up with Takero Tamino, whom I had met in May the year prior at university, and we decided to “do something big.” We shared our various ideas for a venture and launched Value Added Network, the predecessor to Mirairo. Each day, we would work late thinking about this or that business idea and put them into practice, but they were all short-sighted and about transient profit. They did not last.
Drawing on my experience creating accessibility maps at Ritsumeikan, I sought to bring these nationwide, so I conceived of a business that would promote information about accessibility and map creation. This received acclaim at numerous business idea contests, and we had more and more opportunities to speak in front of people, letting a wider audience learn about the struggles that persons with disabilities and older persons were facing. We began to meet more people and businesses who shared our vision and who wanted to support us. These experiences taught me the difficulties inherent in conceiving of a business and putting it into practice. Beyond that, I felt up close how much support I had from people of all corners.

The awards ceremony for CVG Osaka

The awards ceremony for CVG Osaka

Appreciating the Importance of Time

The activities with VAN had reached a really fulfilling point. One day, I found myself asking myself about what to do with the time I have remaining. I realized that it is not just about using time for yourself, but using it to help others. To that end, I established Mirairo in order to bring my strengths to the world and to give back to society.

Blazing a trail with new commitment

Blazing a trail with new commitment