明治安田生命保険相互会社と連携し、手話リレーサービスを開始 ~聴覚・言語障害のあるお客様へのサービス向上を目指します~

障害のある当事者の視点を活かし、ユニバーサルデザインのコンサルティングをおこなう株式会社ミライロ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:垣内俊哉)は、明治安田生命保険相互会社(本社:東京都千代田区、執行役社長:根岸 秋男、以下「明治安田生命」)と提携し、耳の聞こえないお客様や聞こえにくいお客様、発話が困難なお客様とのコミュニケーションの充実のため、2021年2月15日から「明治安田生命手話リレーサービス(以下、当サービス)」を開始します。

サービス導入の背景

明治安田生命ではこれまで、自力でのお手続きが難しいお客様のサポートを目的とした「MYアシスト」制度の導入や、「耳や言葉がご不自由なお客さま専用のお問い合わせ窓口」・「ご高齢のお客さま専用のお問い合わせ窓口」の開設を実施してきました。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を受けてミライロ・リサーチが障害当事者を対象に行った調査では、聴覚障害者から「マスクをしていると会話ができない(※1)」、「マスクとビニールカーテンのせいで声が聞き取りにくくなってしまった」といった対面で困ることについて多くの声が集まりました。また、「問い合わせ先が電話しかない場合は困る」、「ビデオ会議システムを活用した会話は、音が悪くて聞こえない。画像が粗くて、口元が見えない」という遠隔における課題も挙げられました。

そこで今回、遠くにいても手話等で安心してお問い合わせいただける、本サービスを導入することとなりました。

 (※1)口話(唇の動きを読み取って会話をする手法)や手話(口の形や顔の表情が文法の一部)を用いる場合

サービスの特徴

「明治安田生命 手話リレーサービス」は、スマートフォンなどからビデオ通話(Skype)を利用することで利用できるサービスです。

耳の聞こえないお客様や聞こえにくいお客様、発話が困難なお客様からの保険加入相談や各種手続き(保険金・給付金等の請求など)のお問い合わせについて、弊社の手話通訳オペレーターがビデオ通話(Skype)を通じて手話や筆談により受け付け、その内容を明治安田生命のコミュニケーションセンター(アシスト・デスク)にリアルタイムで音声通訳を行うものです。

同サービスをご利用いただくことで、ご自宅に居ながら手話等による対面でのコミュニケーションが可能となります。 

【ご利用イメージ】

image-png-Feb-10-2021-04-50-36-81-AM

【サービスの概要】

・名称:明治安田生命手話リレーサービス
・開始日:2021年2月15日(月)
・対象業務:保険加入相談、各種手続きのお問い合わせ、契約内容の確認等

 ※明治安田生命のWEBサイトはこちらから

 

<本プレスリリースに関するお問合せ>
株式会社ミライロ 経営企画部 広報担当 神保
【E-mail】press@mirairo.co.jp 【TEL】050-3184-3338