通信会社初!“ソフトバンク”の店舗で障害者手帳アプリ「ミライロID」が使えるようになります!

ミライロIDのイメージ画像

障害者手帳アプリ「ミライロID」の協力企業として、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙)が参加しました。

「ミライロID」は、2020年6月18日より、全国のソフトバンクショップにおいて、ハートフレンド割引(障がいのある方を対象とした割引サービス)適用時の確認書類として、取り扱われることになります。

■受付可能サービス
ハートフレンド割引(障がいのある方を対象とした割引サービス)
https://www.softbank.jp/mobile/price_plan/options/heartfriend-kihon-plan/
※ 「ミライロID」は、新規契約時などの本人確認書類として利用できません

■利用場面
店舗のみ
※ ウェブまたは電話での申込み時は活用不可


「ミライロID」を活用し、障害のある方がスムーズに割引の手続きを受けられる環境づくりを、両社で目指します。



■ミライロIDについての詳細はこちら
https://mirairo-id.jp/

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ミライロ 大阪本社 ITソリューション事業部 井原充貴
【Mail】press@mirairo.co.jp


※本記事では、ソフトバンク株式会社の表記に従い、「障がいのある方」とひらがなで表記しています。