関西いのちの電話 第37回公開講座に、岸田ひろ実が登壇しました

2019年2月2日に開催された関西いのちの電話 第37回公開講座に、講師・岸田ひろ実が登壇しました。

270名、満席のご参加をいただきました。

関西いのちの電話は、ひとりで悩んでいる人のために開設された電話相談の窓口です。

実際に「自殺したい」と悩む方々の話を聞いているボランティアさんが、この講演をとても楽しみにしておられたと主催者様よりお声がけいただきました。

「日々、死にたいとい人の話を聞いながら、何ができるのか?どんな言葉をかけたらいいのかと思い悩む中、講演を聞いてものすごく気持ちが救われた、楽になった。死なないことを選ぶこと、そうすれば未来はきっと美しくなる。そう思えたとおっしゃっていただきました」と参加くださったボランティアさんから、ご感想をいただきました。

ご参加くださった皆さん、ありがとうございました。

岸田 ひろ実Hiromi Kishida

株式会社ミライロ 講師

長女と知的障害のある長男を育てる中、2005年に夫が心筋梗塞により突然死し、2008年に自身も大動脈解離により下半身麻痺となる。2011年より株式会社ミライロに入社し、講師として年間180回以上の講演を行う。2014年世界的に有名なスピーチコンテスト「TEDx」に登壇後、日本経済新聞「結び人」・朝日新聞「ひと」・テレビ朝日「報道ステーション」など数々のメディアで取り上げられる。