「車いすユーザーが活躍している!」印象を演出したい時に、押さえてほしい写真撮影のポイント

こんにちは、ミライロ広報部の岸田奈美です。

先日、写真素材・ストックフォトで有名なピクスタさんとコラボレーションし、「障害のある方が、企業で活躍する写真素材」の撮影会を開催しました。写真の販売は3月頃から行われるそうなので、どうぞお楽しみに。

※「PIXTA」はプロ・アマチュア問わず誰もが自ら制作した写真・イラスト・動画をインターネット上で売買できるデジタル素材のマーケットプレイス。日本を中心に、アジア各国の生活・文化に沿った豊富なアジア素材が特徴です。

撮影会では、さまざまな障害のある人が働くシチュエーションを撮影しましたが、最もニーズが高く、撮影枚数も多かったのは「車いすユーザーの社員が働いている風景」です。

法定雇用率の引き上げがあり、色々な企業でこういった素材は必要とされていますね。撮影会にあたって、気づいたことをまとめました。

“演じてる感”が出ると、活躍できるイメージが沸かない

障害者採用のWEBサイトやパンフレットを見た時に、違和感を感じることがあります。それは、「健常者のモデルが無理をして、障害者を演じている」ことがわかる写真です。

普段、障害者と触れ合ったことがない人なら気づかなくても、本人からすると「これはないな〜」とすぐに気づきます。明らかに被写体が間違っていると「この企業は障害者と向き合ったことがないのかな」「あまり理解してもらえないのかな」とマイナスなイメージを持ってしまうことも。

障害のあるモデル(最近は障害者モデル専門の芸能事務所も開設されましたね)に演じていただくのが、最も自然でオススメですが、予算や時間の都合で、難しい場合もあるかもしれません。

健常者のモデルが被写体になる場合は、事前に自然な動きをチェックしておく、障害のある当事者に監修してもらう、といったポイントを押さえておきましょう。

アクティブな車いすを使おう

車いすユーザーを被写体にした写真はよく見かけるのですが、その中にこういう車いすの写真があります。(ご紹介している写真はすべて、PIXTA様で販売されております)

https://pixta.jp/photo/28063120

この車いすは、主に病院・福祉施設などで使われることの多い「介助用の車いす」です。最近では、スーパーやホテルなどでもレンタルできることがあります。

なんでこの車いすが撮影で使われることが多いかと言うと、単純にお安いからなんです。でも、一旦ストップ!

「ちょっとつらい時だけ利用している」「ご高齢の人が利用している」なら自然ですが、企業でバリバリ働く意欲のあるアクティブな障害者が使うことは、まれです。(もちろん、いらっしゃらないわけではありませんので、不適切な写真ではないです)

今回、私たちの撮影会で撮影した写真はこちらです。

https://pixta.jp/photo/47050017

どうでしょうか。関西風に言うと“シュッとしている”感じがしませんか?

この撮影会では、オーエックスエンジニアリング社(http://www.oxgroup.co.jp/)の日常用車いすをレンタルして、撮影しました。介助用の車いすと比べると、コンパクトで軽く、デザインもオシャレです。外に出てバリバリ働く、車いすユーザー歴の長い人だと、こういう車いすを利用している方が多いのです。

レンタルが難しいかもしれませんが、電動車いすという選択肢もあります。最近ではWHILL(https://whill.jp/)なども話題ですね。

車いす一つとっても、全く印象が変わってきます。TPOにあった福祉器具が映っていると、「この企業はちゃんとわかってくれるんだな」「障害のある人が働くイメージがつきやすいな」と思ってもらえます。

 

車いすは正しく乗って、正しくサポート

車いすをこいだり、誰かに押してもらったりするシーンを撮影する場合にも、注意が必要です。

・前輪(小さな車輪)が、きちんと進行方向を向いているか
車いすを一度停車させて、方向を変える時に起きがちなミスに「車輪が進行方向以外を向いている」ことがあります。ひどい時だと、真横を向いていることも。方向を変えたら、10cmほど後方にまっすぐ下がると、前輪が進行方向を向きます。

・停車している時、手はアームレストか、膝の上に
たまに、車いすをこいでいない=停車している時なのに、手がタイヤの外側に落ちていることがあります。このまま進行するとタイヤに手が巻き込まれて事故に繋がるため、不自然です。テーブルについている時は、テーブルの上に手を置いても良いですが、そうでない時は膝の上か、アームレストの上に手が収まるようにしましょう。

・車いすは正しくサポートする
例えば、誰かが手伝って車いすで坂道をくだる場合は、後ろから。のぼる場合は、前から。ユニバーサルマナー検定でもお伝えしていますが、正しい介助方法で介助しているか、きちんとチェックしましょう。

 

今回は、車いすユーザーの撮影ポイントのみ、簡単にお伝えしました。その他の障害に関する撮影ポイントも、機会があればお伝えしたいと思います。

障害のある当事者視点を取り入れて、ちょっとしたポイントを押さえると、「障害者がいきいきと働いているイメージがつきやすい企業」の写真素材になります。ぜひ、試してみてください。

※本文中で紹介しております、アクティブな車いすを使用した写真素材は、順次ピクスタさんに販売予定です!

岸田 奈美Nami Kishida

株式会社ミライロ 広報部長

12歳の時にベンチャー企業を経営する憧れの父親が心筋梗塞による突然死し、17歳の時に母親(岸田ひろ実)が過労による大動脈解離に罹り緊急手術。後遺症で下半身麻痺・車いす利用者となった母が生きやすい社会へと変えることを目標とし、株式会社ミライロに創業メンバーとして加わる。広報部長を経て、現在は事業推進室所属。母との共著に「ママ、死にたいなら死んでもいいよ(致知出版社)」