社会福祉法人平成会様の主催で、長野県岡谷市にて岸田ひろ実が講演しました&おまけレポート

長野県を中心に、有料老人ホーム・介護施設・ケアハウス・グループホームなどを運営する、社会福祉法人平成会様にお招きいただき、岸田ひろ実が講演を行いました。

地域に開かれた講演のため、長野県各地から足を運んでくださった方は500名以上にのぼりました。

介護士や福祉士を目指す学生の皆さんも、授業の一貫として参加してくれました。2名の学生さんから「介護士になったら、ご高齢の方の気持ちにどう寄り添えば良いか?」など、積極的なご質問もいただきました。

講演会終了後は、書籍「ママ、死にたいなら死んでもいいよ」のサイン会も開催していただきました。岸田が気持ちを込めて、お一人おひとりのお名前を書きました。

講演では、岸田の「知的障害のある息子の子育てから学んだこと」や「下半身麻痺になって気づいたこと」などのライフストーリー、ユニバーサルマナーなど幅広くお話いたしました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

おまけレポート〜KAGOME 野菜生活ファーム〜

長野県諏訪郡富士見町にある、カゴメ様が運営する「KAGOME 野菜生活ファーム」が4月26日にオープンしました。工場見学、農業体験、レストラン、ショッピングなどを楽しめる施設ですが、ユニバーサルデザインも取り入れられています。

工場見学の建物と、ショッピング・レストランの建物があります。こちらはショッピング・レストランの建物です。(工場見学の建物までは車やバスでの移動になるため、車いすやベビーカー利用の方は事前に連絡しておくとスムーズです)

インフォメーションや商品が置かれた棚は、車いすでも話しかけたり、手にとったりしやすい高さです。

多目的トイレや授乳室のサインも、ナチュラルでかわいい雰囲気ですね!

レストランのテラス席では、山の美しい景色が一望できます!室内・室外とも車いすのまま着席しやすいお席です。小さなお子様には、嵩上げ用のクッションなどを貸出されていました。

長野県にお越しの際、観光で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

岸田 奈美Nami Kishida

株式会社ミライロ 広報部長

12歳の時にベンチャー企業を経営する憧れの父親が心筋梗塞による突然死し、17歳の時に母親(岸田ひろ実)が過労による大動脈解離に罹り緊急手術。後遺症で下半身麻痺・車いす利用者となった母が生きやすい社会へと変えることを目標とし、株式会社ミライロに創業メンバーとして加わる。広報部長を経て、現在は事業推進室所属。母との共著に「ママ、死にたいなら死んでもいいよ(致知出版社)」