すべての人に
快適で安心な空間を創造

障害のある当事者の視点からニーズを満たしているかをチェック!
過剰な対応を抑え、さらに施工後の追加改修を防ぐことで、コスト削減へ
【画像】すべての人に快適で安心な空間を創造

多様な利用者の特性を考慮し、誰もが安心して、心地よく過ごせる空間づくりをプロデュースします。

商業施設、公共施設、教育機関、ワークプレイスなどあらゆるシーンに応じてユニバーサルデザインの知見とエビデンスを活用します。

施設運営に関わる配慮事項の作成

施設運営のユニバーサルデザイン領域における配慮事項を作成/監修します。ユーザー視点を取り入れながら、環境面の整備を中心に、接客や情報発信を含めた全体像を示します。より良い施設運営に活用していただけるよう、新しく計画される施設だけでなく、既存の施設においても作成や監修を行なっています。

画像 施設運営にかかわる配慮事項の作成

設計・改修時のユニバーサルデザイン監修

新規施設においては、誰もが快適に利用できる施設が求められます。その機能や目的、図面などの情報から、想定される課題の抽出を行い、施設として求められる姿を検討します。誰もが快適に利用できる施設としてあり続けるために、計画時だけでなく竣工後も様々な課題改善のサポートをいたします。

画像 設計・改修時のUD監修

施設改善に向けたユニバーサルデザイン調査

既存施設のユニバーサルデザイン化に向けた取り組みは、その環境の課題を発見することから始まります。障害のあるモニターの当事者視点と専門的な知識を持つスタッフの客観的な視点で、施設が個々に有する課題の発見から改善提案までを行います。

画像 施設改善に向けたUD調査

導入事例

障害者や高齢者に特化したカスタマージャーニーを作成し、お客さまの「見える化」を実現

日本航空株式会社

PORTFOLIO

人に寄り添い、誰もが働きやすい職場づくりを行うために

ダイハツ工業株式会社

PORTFOLIO

誰もがわかりやすい、キャンパスのサインデザイン

神戸大学

PORTFOLIO

お役立ちブログ

スタッフブログ

ユニバーサルデザインとは?~7原則と実現のヒント~

スタッフブログ

施設のユニバーサルデザイン化に利用者視点が必要な理由

スタッフブログ

すべての人に快適な空間づくりをサポート「ミライロ・アーキテクチャー」

【画像】相談会ユニバーサルデザイン調査・監修

SEMINAR説明会・相談会

障害のある当事者と専門的知見を有するスタッフがユニバーサルデザインの視点から調査をしています。課題の優先順位を検討すると同時に、改善するべき箇所が見つかった場合は、改善提案を行うサービス内容についてご説明します。

詳しく見る

まずはお気軽にお問い合わせください