9分で分かる!株式会社ミライロとユニバーサルデザインとは

垣内俊哉

障害者や高齢者、子ども、ベビーカーユーザーなど、ユニバーサルデザインを必要とする人は日本に何人いるでしょうか。

本動画では
・ユニバーサルデザインに関する日本の現状
・3つのバリアを無くすために経済性が必要な理由
・ミライロが目指す日本の姿
について字幕付きでお伝えしています。

ぜひご覧ください。

 


株式会社ミライロの資料はこちら

資料ダウンロード(無料)

意識のバリアを取り除く「ユニバーサルマナー検定」の資料はこちら

資料ダウンロード(無料)

 

垣内俊哉

垣内俊哉

株式会社ミライロ 代表取締役社長
立命館大学経営学部在学中の2010年、株式会社ミライロを設立。障害を価値に変える「バリアバリュー」の視点を活かし、企業や自治体、教育機関におけるユニバーサルデザインのコンサルティングを手がける。2014年、日本を変える100人として「THE100」に選出される。2015年、日本財団パラリンピックサポートセンターの顧問に就任。2016年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のアドバイザーに就任。