ノウハウ集
2020/11/02

LGBTの意味とは?

ミライロ

【写真】レインボーの紐を手首につけた女性二人が手をつなぐ様子

みなさんは LGBT という言葉を聞いたことはありますか?
最近では、バラエティ番組やドラマ、有名人の影響で、「なんとなくのイメージ」をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回はLGBTの言葉の定義について、簡単にお伝えします。

LGBT?SOGI?LGBTQ+?

LGBTとは様々な性的マイノリティのうち、代表的な「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー」の4つの頭文字をとった総称です。
現在、性的マイノリティの中でも狭い範囲を示しているこの言葉の使用をやめ、「SOGI」「LGBTQ+(プラス)」という言葉を使おうとする動きもあります。

※SOGI:ソジまたはソギと呼びます。
 SO…Sexual Orientation 性的指向(好きになる相手の性)
 GI…Gender Identity 性自認(自分の性別に対する認識)
※LGBTQ…QはQuestioning。性別がわからない人、決めていない人、決まっていない人、探し中の人のことを指します。(Queer:クィアを指す場合もあります)

こうした多様性があることから「性はグラデーション」とも言われ、虹色をアイコンとして用いられることが多くあります。
LGBTについて調べると虹色のロゴマークやアイテムをたくさん見つけることができるのではないでしょうか?

【写真】レインボーの紐を手首につけた女性二人が手をつなぐ様子

無意識に傷つけないためには

LGBTそれぞれの頭文字の意味は…

L:レズビアン:女性同性愛者 
G:ゲイ:男性同性愛者
B:バイセクシュアル:両性愛者
T:トランスジェンダー:心と身体の性が一致しない人

つまり、例えば「女装している人=トランスジェンダー」ではありません。

異性愛者の中にも、男装、女装をするのが趣味、または職業という方もいます。
また、もちろん、“かわいらしいもの”が好きな男性もいますし、“かっこいいもの”が好きな女性もいます。
そういった異性愛者にとっては、一括りに「LGBT」や「同性愛者」であると自身が見られたり、疑われたりすることを不快に思う方もいらっしゃいます。

間違った知識や理解によりLGBT当事者が傷ついてしまうことがあるのは想像しやすいですが、このように、当事者でなくても世間のイメージや思い込みから傷ついてしまったり、無意識のうちに誰かを傷つけている場合もあります。

様々な多様性を理解するための第一歩として、正しい知識の入手や正しい理解が必要になってくると私たちは考えています。

まとめ

現在日本では11人に1人はLGBTの当事者ではないかと言われています。
みなさんの周りにも実は困っている方がいらっしゃるかもしれません。
正しい理解のもと、みなさんの世界を拡げてみてはいかがでしょうか。


『LGBT対応マナーセミナー』 12月9日@オンライン/無料

詳しくはこちら

経営者・人事担当者向け 3分でわかる!LGBTの取り組みチェックリスト

資料ダウンロード(無料)