UDトークの認識率をあげる4つのルール

ミライロ

聴覚障害の方とのコミュニケーションを円滑にするアプリ「UDトーク」。
さまざまな場所、場面で活用されているかと思います。

とても便利なUDトークを、会議で快適に活用するために、「UDトークの認識率をあげる4つのルール」を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

①一人ずつ話す

会話が重なってしまうと、UDトークの認識率はどうしても低下してしまいます。
議論が白熱すると次々に会話が飛び交いますが、UDトークを利用して会議をする際は、一人ずつ話すよう心がけましょう。

ミライロの会議では、発言の際は挙手をするようになっています。
このようにすることで、聴覚障害のスタッフも、次に誰が発言するのか視覚的にわかります。
会話が重なることもありません。

また、挙手制にすることで、自分の意見をまとめてから発表することができます。
UDトークの認識率が上がるだけでなく、会議の進行もスムーズになります。

 

②UDトークのオン・オフをしっかりする

使用していない端末がオンになっていると、雑音などを拾い誤入力に繋がります。
自分の発言が終わった際は、機能をオフにするようにしましょう。

UDトークの機能で、同時発言を許可しなければ、他者が発言を始めると自動的にオフにすることができます。

また、トーク設定から「以上です」と発言することで、音声認識機能をオフにすることができます。
発言終了時に「以上です」と言うよう習慣化することで、円滑に使用できます。

同時発言を許可するかを設定する画面のスクリーンショット

 

※同時発言を許可しなければ、他者が発言を始めると、自動的に機能をオフにすることができます。

「以上です」と発言することで音声認識をオフにできるよう設定する画面のスクリーンショット

 

※トーク設定から「以上です」と発言することで、音声認識機能をオフにすることができます。

 

③会話の区切りを明確にする

UDトークを使用する際は、会話の区切りを意識することが大切です。
「~で、~であり、」と会話を区切らずに話す方もいらっしゃいますが、その場合、言葉の認識率が下がり、文字情報としても分かりにくい文章になってしまいます。
文字情報で認識されている方がいることを意識し、会話の区切りを明確にして話すようにしましょう。

 

④少しゆっくりと話す

普段より少しゆっくり話すことを意識しましょう。
認識率が上がることはもちろんですが、誤字があった場合も、修正しやすくなります。
早口で会議が進んでしまうと、修正が追いつかず、情報がうまく伝わらない可能性もあります。
UDトークを使用する際は、スピードも意識しながら話しましょう。

会議時間を1.2倍ほど延長し、ゆとりある会議運営をすることも効果的です。

少しの工夫をすることで、UDトークの認識率は大きく向上します。ぜひ、実践してみてください!


ミライロ・コネクトでは、聴覚障害の方の情報保障に関するサポートを行っています。
UDトークの活用方法など、詳しくお伝えすることが可能です。



情報保障に関するお困りごと、質問等、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら

「あなたの声が未来をつくる」ミライロ・リサーチ

リサーチモニターに登録(無料)