新たな価値を生み出す製品・サービス開発

開発段階から障害のある当事者の声を反映!
イノベーションの実現や多様な顧客獲得にもつながる取り組みへ
画像 製品開発中の会議イメージ

障害のある当事者の視点を計画段階から開発プロセスに活かす、インクルーシブ視点による製品やサービスの開発をサポートします。

障害のある人々の課題やニーズから、新たな価値を発見します。

≫ユニバーサルデザイン製品の紹介はこちら

ワークショップ

企業担当者と障害のある当事者のディスカッションを通して、アイデア出しやテーマ訴求、価値検証などを行います。新製品・サービスのテーマや課題を抽出したい、アイデアを創出したい、アイデアの価値を検証したい等のニーズにお応えします。

ワークショップ

障害者のニーズ把握調査

障害のある当事者が抱える潜在的な課題を抽出するための検証や改善後のフォローアップとして実施することができます。「課題の発見」から「解決策の検証」まで製品改善に当事者の視点を反映させます。定量調査はWebアンケート、定性調査はインタビュー調査や行動観察調査等の調査手法を用意しています。

詳しくはこちらから≫ミライロ・リサーチ

ニーズ調査

ブランディング

製品やサービスに障害のある当事者の視点を付加価値として付け加えます。ネーミングやロゴの作成に加えて、世界観の言語化やイメージ資料(提案書やヴィジュアルアイデンティティガイド)の作成まで行います。その後、ブランドコピーやメインビジュアル、初期展開のLP、カタログを制作します。

ブランディング

導入事例

導入実績のリード文導入実績のリード文導入実績のリード文導入実績のリード文導入実績のリード文導入実績のリード文導入実績のリード文

障害者や高齢者に特化したカスタマージャーニーを作成し、お客さまの「見える化」を実現

日本航空株式会社

PORTFOLIO

人に寄り添い、誰もが働きやすい職場づくりを行うために

ダイハツ工業株式会社

PORTFOLIO

誰もがわかりやすい、キャンパスのサインデザイン

神戸大学

PORTFOLIO

お役立ちブログ

スタッフブログ

障害者が日常生活で工夫していることは?

スタッフブログ

【扉の話】それって日本だけ?外開き事情

スタッフブログ

障害のあるモニターさんに聞いてみた!あったらいいなこんなもの!3選

インクルーシブデザイン視点の製品開発の相談会

SEMINAR説明会・相談会

これまで顧客イメージから除外されてきた障害のある人々の課題から多様な視点を新たに発見し、デザインのプロセスに活かすインクルーシブデザイン視点による製品開発のサービス内容についてご説明します。

詳しく見る

まずはお気軽にお問い合わせください